Voicyを使ってみた話。

こんにちは。北杜っこです。

1年前から会社の先輩おすすめのブログを読むように心がけているものの、どうしても文字を読むのが億劫。通勤中やお昼休みのちょっとした空き時間も、ついついニュースや友達のSNSを見て終わってしまう。そんな私にぴったりのアプリに出会いました!

今、北杜っこが気になるサービス。
今日を彩るボイスメディアVoicy(ボイシー)です。

Voicyってどんなサービス?

Voicyとは、声と個性を楽しむこれからの放送局アプリ、つまり、「声のブログ」です。ブログ同様、自身のページ(Voicyではチャンネル)を開設し、ラジオのパーソナリティーのように、好きなテーマで収録した音声コンテンツを配信。アプリのユーザー(リスナー)は、好きなパーソナリティーをフォローできる、ラジオのようなブログのような音声メディアです。

2016年の9月にリリースされた当時は、大手メディアや雑誌などからコンテンツを提供してもらっていたようだが、最近になりイケダハヤトやはあちゅう等の有名ブロガーがVoicyにチャンネルを開設したことで、話題になっています。

Voicyに出会ったきっかけ

数か月前から、Facebookで目にすることが増えてきて、1か月前(たぶん)に西野亮廣のオンラインサロンで「Voicyについて詳しい人」みたいな投稿が展開されているのを見て、「ここでもVoivcyか…!」と。

それとほぼ同時期に、会社の先輩が「Voicyって知ってる?」と。ここまでくると、もうアプリインストールするしかないですね。

Voicyを使ってみた

めちゃくちゃ面白い。もっと早くインストールすればよかった。

1回の配信が10~20分と、通勤や食後の一休みにぴったりはまる長さ。1回の配信の中でも、さらに目次のようにコンテンツが細かく分かれているので、あとでもう1回聞きたいときも見つけやすいです。チャンネルにコメント機能がついているので、コンテンツの感想・質問も投稿できます。だいたいのパーソナリティーの方が、質問コーナーを設けてリスナーからの質問に丁寧に回答してくれます。そして何より、「声」というリアリティのある方法で発信しているので、ブログより人柄がわかるのが◎

今まで、イケダハヤトってもっと変わってるというか、尖ってるというか、攻撃的というか、勝手にそんなイメージを持っていました。でも、Voicy聞いてると、意外と普通(良い意味で)というか、親しみやすいというか、良いパパ!!!

イケハヤさんに思い切って質問をしてみたところ、翌日の配信で10分かけて回答をしてくれました!まさか、こんな簡単に有識者に回答がもらえるなんて…Voicyすごい。残念なのが「北杜っこ」で投稿したら、「とても良い質問でした。ありがとうございます。きたもりっこさんからの質問です。」と……「ほくとっこ」を「きたもりっこ」と読まれてました笑

まだまだ北杜市の知名度が足りないですね。高知のイケハヤさんには届いていませんでした。いつか、リスナーの「きたもりっこ」が「ほくとっこ」で、「ほくとっこ」は「北杜市出身の●●」というところまで、イケハヤさんに知ってもらえる存在になりたいですね。

あとは、仮想銀座高級クラブ「かほこ」
「心のおしぼり届けます」のワードが耳から離れなくなり、毎日聞いてます。最初は全く気付かなかったのですが、ママのかほこさん、キッズラインの経沢さんでした!!!!!!経沢さんと言えば、2年前のシェアエコサミットで1番印象に残ってる女性。ガイアックスの上田さん、Uber JAPANの高橋さんとのパネルディスカッションで初めてお見掛けし、その存在感や迫力に圧倒されました。

仮想高級銀座高級クラブは、経沢さんの親友「かほこママ」として、「経沢さん」では言えないようなことも「ママ」お話ししてくれます!

北杜っこのつぶやき。

さっそく、会社の同僚にVoicyをごり押ししていますが、あまりみんなに刺さっていません。なんでだろう、こんなに面白いのに。先日、経沢さんのコンテンツに今人気の箕輪さんがゲストで来てました。最近気になる人がみんな繋がってる。

気になる人がどんどん増えて、気になるモノがどんどん増えて…私は「何者」として生きていくか迷いますね。

おわり。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です