ハワイ島の移動に迷ったらUberとBIKESHARE KONA HAWAII ISLANDがオススメ!

こんにちは!北杜っこです!

5/18〜24の5泊7日でハワイ島とオアフ島へ行ってきました!
北杜っこの日常改め、番外編として北杜っこの非日常をお届けします。

今回は、ハワイ島の移動について、行ってみてわかったことを簡単にまとめます!

ハワイ島は交通インフラが弱い

ハワイ諸島で1番大きいハワイ島は、東京都(2,187.0㎢)の約5倍の広さ。
有名な観光エリアも点々としており、いかに効率よく回るかが旅の成功を握ります。

これだけ広く、観光地が点々としているものの…交通インフラが非常に弱い。
私は1回も利用しませんでしたが、ハワイ島の公共交通機関を念のため紹介しておきます。

その①:ケアウホウ・リゾート・トロリー(コナトロリー)

シェラトン・コナ・リゾートからカイルア・コナの間を巡回しているバス。
コナの街中を通り、ショッピングセンターやビーチ、ゴルフ場など、観光スポットを回ります。

これだけ聞くととても便利に感じますが、なんと2時間に1本しか来ません。

使う場合は、事前に時刻表・地図・行きたい場所の滞在時間を考えて、熟考する必要があります。

その②:ワイコロア・ショッピング・シャトル

ワイコロアビーチリゾート内を巡るシャトルバス。約20分間隔で運行しています。

これだけ聞くと、また便利そうに感じますが、よく読んでください。

コナ中心地から北へ車で約40分離れたコハラ・コーストという高級リゾートエリアにある、ワイコロアビーチリゾートの施設内専用のシャトルバスです。

その③:へレオンバス

コナーヒロ、ヒローキラウェア火山を結ぶ路線バス。
エリア間を結ぶ唯一の公共交通機関ですが、1日1本、しかも日曜は運休。

地元の人でも慣れるまでは乗るのが難しいそうです。。。

調べれば調べるほど、公共交通機関の弱さが不安になります。。。

それでも使いたい方は、こちらのサイトで詳しい情報を確認できます。

ハワイ島の救世主!UberとBIKESHARE KONA HAWAII ISLANDを使いこなそう!

とにかく公共交通機関が弱いハワイ島。

多くの方がレンタカーを借りるそうですが、日本と真逆の左ハンドル・右側通行。
更に、レンタカーの受付は午前中しかできないため、飛行機の到着時間によっては借りれません。

そんな中、大活躍したのがUberBIKESHARE KONA HAWAII ISLANDというサービスです!

Uber

Uberとは、事前にドライバー登録した人と移動したい人のマッチングサービスです。

日本では、道路運送法に抵触するため、現在はUber経由でハイヤーを手配することしかできませんが、ハワイでは事前にUberの基準をクリアしてドライバー登録した方が、目的地まで乗せてくれます!

日本のアプリがそのまま使えるので、事前にダウンロードと会員登録を済ませておくと楽!

私はハワイ島で3回利用しましたが、大満足です!

  1. ロイヤル・コナ・リゾート ⇨ UCCハワイ (6.6マイル、約15分)
    前日の夜に配車予約したところ、アロハシャツを来た男性が真っ赤な車で登場。英語が苦手なことを察して、ジェスチャー混じりで話しかけてくれる優しい方でした。

    【タクシー】$33.23、【Uber】$18.33 ⇨ $14.9お得!

  2. UCCハワイ ⇨ コナ・コモンズ・ショッピング・センター(7.8マイル、約20分)
    2回目は事前に配車予約をせずに、焙煎体験が終わりお土産を買い終わる頃に、アプリから次の目的地をリクエスト。

    すぐにドライバーが見つかるか不安でしたが、一瞬でマッチング!
    まさかの、朝送ってくれた男性が買い物終わりにまた迎えに来てくれました!!

    【タクシー】$38.38、【Uber】$14.54 ⇨ $23.84お得!

  3. コナ・コモンズ・ショッピング・センター ⇨ ロイヤル・コナ・リゾート(2.0マイル、約10分)
    午後から参加するツアーに向けてホテルまでゆっくり歩いて帰る予定が、Uberにハマってしまいリクエスト。

    今回は、海に行く途中だった親子が迎えに来てくれました!
    とにかく気さくなお母さんで、英語ができないことを察しながらもマシンガントーク。

    【タクシー】$15.02、【Uber】$10.93 ⇨ $4.09お得!

合計$42.83も安く移動ができました!

さらに、Uberにはこんなメリットも!

  • アプリから現在地・目的地を日本語で登録できる
  • マッチングする前に支払い金額がわかる
  • 移動中、目的地までのルートと現在地が確認できるので安心
  • アプリ内のクレカ決済なので、直接の支払いは不要

海外で知らない人の車に乗るなんて不安に感じるかもしれませんが、実はタクシーを使うより、Uberを使った方が圧倒的に安心かつ楽に移動ができます!

それでもタクシーを使いたい場合、街中を走っていないので、必ず電話で手配が必要です。

BIKESHARE KONA HAWAII ISLAND

BIKESHARE KONA HAWAII ISLANDは、コナで使える自転車のシェアサービスです。

現在、コナの中心地2ヵ所とケアウホウ・ショッピングセンターへ向かう途中に1ヵ所の合計3ヵ所で自転車を借りることができます。

BIKESHARE KONA HAWAII ISLAND公式HPより

料金は以下の2プランから利用用途によって選べます。

  • SINGLE RIDE:30分で$3.5
  • FREE SPIRIT:5時間$20

私は午前中だけ使いたかったので、SINGLE RIDEで借りました!

自転車を借りる時は、自転車の近くに設置されている専用の端末から手続きをします。
トップ画面で言語を日本語に変更でき、手続きも簡単なので気軽に使えます!

▼自転車を借りるまでの流れ

  1. 料金プランと借りる台数を選択
  2. 支払い用のクレジットカードを登録
  3. 発行されたパスコードを自転車の前輪に付いている黒い装置に入力
  4. 手続き完了

返却する時は、空きがあればどこに返却しても構いません。

注意点は、自転車に鍵がかけられないので、がっつりショッピングや食事に行く際の利用は要注意です。

普通の自転車レンタル店が2店ありますが、9:00と9:30オープンなので、早朝に利用したい場合はBIKESHARE KONA HAWAII ISLANDを使うことになります。

早朝、海沿いを自転車で走るととっても気持ち良いのでオススメです!

ロイヤル・コナ・リゾートからケアウホウ・ショッピングセンターまで、海沿いで休みながら1時間ちょっと。

最後の坂道以外はとても快適なので、Uberも良いですが、アクティブなことが好きな方はぜひ使ってください!

まとめ

コナの移動はUberとBIKESHARE KONA HAWAII ISLANDを有効活用し、タイミングが合えばケアウホウ・リゾート・トロリーに乗ってみましょう!

コナからヒロやキラウェア火山方面へ行く場合、2時間以上かかるのでUberでマッチングするのは難しいかもしれないので、オプションツアーの予約をオススメします。

レンタカーも可能ですが、左ハンドル・右側通行、信号なし・街灯なし、ローカルが100キロで飛ばしている道を長時間運転することになるので、ハワイ島が初めての場合は特に注意が必要です。

安心・安全で楽しい旅になるように、事前に移動手段を検討しておきましょう!







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です